スポンサーサイト

  • 2016.04.11 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    フィギュアスケート 女子SP

    • 2010.02.24 Wednesday
    • 23:59
    本当にこの山場だと自分で思っていたショートプログラムを無事滑り終えることができてすごくうれしい。by浅田真央選手

     フィギュアスケートは23日、女子ショートプログラム(SP)が行われ、浅田真央(中京大)は73.78点で2位、金妍児(韓国)が世界歴代最高の78.50点でトップに立った。
     安藤美姫(トヨタ自動車)は64.76点で4位。鈴木明子(邦和スポーツランド)は61.02点で11位だった。ジョアニー・ロシェット(カナダ)が71.36点で3位。[時事通信]


    2010年2月25日_スポニチ一面
    2010年2月25日_スポニチ一面

    真央ちゃん、凄い。ノーミスだもん。トリプルアクセルもキレイに決めたわぁ。
    五輪ではアルベールビル大会銀メダルの伊藤みどりさん以来、2人目のトリプルアクセルに成功。五輪のSPでは史上初の成功。凄い☆
    昼休みが終わる直前まで見ていて感動しました。私と同僚は『歳のせいね』とか言いながら涙ぐんじゃった(苦笑)
    ピョンピョンと跳ねている姿も可愛かった。

    TVを見ていると、『自分の娘みたいで…』とコメントされている方がいらっしゃいますが、私から見ると『姪っ子』かなぁ。日本の一選手というよりも自分と近い関係にある人のように思って応援されている方が多いんじゃないかしら。
    『娘』、『孫』、『姉』、『妹』、『従姉妹』、『姪』などなど…。
    みなさんにとって、真央ちゃんはどの立場でしょう?

    今シーズ相当苦しんでいたので、ここ一番の大事なSPの場面でノーミス、しかもトリプルアクセルを決めた事はご自身にとって大きな自信になると思います。これは良い状態でフリーに繋がるよねー。
    自分を信じて、気持ちよくフリーに臨んで欲しい。集中集中。

    鈴木明子選手、冒頭のジャンプで手をついてしまいましたが、その後は気持ちを切り替えたようでだんだん良くなったと思います。たぶん、緊張からですよね。ステップやスピンの時には会場が沸いてました。フリーで巻き返しだー。

    安藤美姫選手、冒頭のコンビネーションジャンプ、2回目のジャンプが回転不足と判定されてしまいました。着氷後ちょっと止まっちゃったようになったのが残念でした。フリーのクレオパトラ楽しみにしてます。

    ◆SP 結果
    1位 金 姸児(KOR) 78.50
    2位 浅田 真央(JPN) 73.78
    3位 ジョアニー・ロシェット(CAN) 71.36
    4位 安藤 美姫(JPN) 64.76
    11位 鈴木 明子(JPN) 61.02

    日本、自力での4強消える カーリング女子

    • 2010.02.23 Tuesday
    • 23:59
    今日はかみ合っていなかった。by本橋麻里選手

     カーリング女子は1次リーグが佳境に入った。同リーグは10チームの総当たりで各チームが9試合を戦い、突破ラインは6勝3敗、あるいは今後の結果次第で5勝4敗に下がる可能性もある。
     日本は22日にスイスに敗れ3勝4敗で5位タイ。自力で1次リーグを突破する可能性が消えた。ともに当落線上にいる相手に敗れたのは痛い。残るスウェーデン、デンマーク戦に連勝することが絶対条件で、あとは有力チームの成績次第になる。[時事通信]


    朝、途中まで見ていたんですけどねー。
    なんというか、ショットの精度の違いが大きく響いたのではないでしょうか。第4エンドでは4点も取られちゃったもんなー。あれは痛かったよ。作戦ミスとの事ですが大きく響いちゃいました。この後からはスイスにいいようにされちゃってましたものね。

    日本チームは明日23日にスウェーデン、デンマークと対戦します。2連勝したいところですが難しそうだー。
    午前中に対戦するスウェーデンはトリノ五輪で金メダルを獲得しているのよね。もしここでスウェーデンに負けてしまい4位のスイスがドイツに勝つと1次リーグ敗退が決まってしまうんだって。

    ううう、厳しいけれどミラクルでなんとかスウェーデンに勝ってくれるといいなぁ。

    『ヤーッ』とストーンを投じた選手が掛け声をかけてますが(よく本橋選手が声を出している姿がTVで映りますね)、これは気合の掛け声ではないそうです。
    『掃け』の意味なんだってご存知でした?

    スピードスケート 女子1500m

    • 2010.02.22 Monday
    • 23:59
    ゴール直前は体がグジャグジャだったけど満足感はあります。by小平奈緒選手

     バンクーバー冬季五輪第10日のスピードスケートは21日、女子千五百メートルを行い、小平奈緒(相沢病院)が1分58秒20で5位となり、千メートルの5位に続く入賞を果たした。[毎日新聞]


    入賞おめでとうございます。

    滑り終わった後、何度もガッツポーズをされてましたね。ゴールした時はトップに立ったんだものね♪ 先日行われた500mの時は納得できない結果だったのだと思います(12位でした)。1000mで5位に入賞したのがいい感触となったのかな。そしてこの1500mではイメージ通り滑る事ができたのでしょう。

    3位との差は0秒24というものでした。世界クラスだとこのコンマ何秒の中で熾烈な争いになるのでしょうが、でもトップも狙えると思う。

    『次のソチ(五輪)ではしっかりしたレースをしたい』と力強いコメントをされていて、もう4年後を見据えていらっしゃいました。

    ◆15歳の高木、少し満足げ 23位
    目標としていた昨年末の五輪代表選考会でマークした自己ベスト(1分59秒47)には届かなかったものの、「力を出し切ったかな、という思いはある」と少し満足げ。「千メートルは五輪の雰囲気にのまれたかな。今回はレースに集中できた」と振り返った。

    シンデレラの様な扱いでずっとマスコミに追われて大変だったと思う。そんな中で、本当にお疲れ様でした。


    ◆吉井、五輪で悔いなし 26位
    今大会で3種目目の出場となった吉井は女子1500メートルで26位に終わった。メダルの期待も高かった1000メートルで15位に沈んだ分、「自分の力を余すことなく出したかった」レース。経験の少ない距離で果敢に飛ばし、「硬くならずに滑れた。悔いはない」と、リンク上では涙も浮かんだ。

    悔いはないとの事ですが、吉井選手の中ではイマイチ不完全燃焼なのではないかな?と勝手に想像してしまいます。集大成と位置づけていた五輪ですが、どうするのかなぁ。

    ジャンプ 男子個人ラージヒル

    • 2010.02.21 Sunday
    • 23:59
    個人でメダルは獲れなかったが、団体では…by葛西選手

     バンクーバー冬季五輪第9日の20日(日本時間21日)、ノルディックスキー・ジャンプ個人ラージヒル(HS140メートル、K点125メートル)決勝が行われ、1回目121メートル50、2回目135メートルを飛んだ葛西紀明(土屋ホーム)が8位に入賞した。
     優勝はシモン・アマン(スイス)で、ノーマルヒルとの2冠を達成した。[読売新聞]


    予選を行った段階では、日本の選手達4人全員が通過しました。特に葛西選手は最長不倒の142.5メートルを飛び、143.5点をマークして1位、伊東選手は139.5メートルの142.6点で、2位だったんですよねー。

    今季ワールドカップ(W杯)個人総合の上位10選手は予選を免除されているのです。そのため、この予選で良い結果を出した事によって良いイメージのまま決勝(本戦)で飛べるなぁ…と思っていたんですが、そう甘くは無かったです。

    1回目は追い風の影響もあったでしょうし、予選の時よりも8段もゲートが下がったところから飛ばなくてはならなくなりました。これは優勝したアマン選手の実力がずば抜けていて、飛びすぎてしまうため危険回避の処置のようなのですが、それでもアマン選手は144メートルを飛んでしまったため、2本目は更に低い所からのスタートとなりました。

    2本目は向かい風だったようですね。135メートルをマークし他の選手達をごぼう抜きし8位入賞です。ずーっと、ずーっと金メダルを獲りたいと仰っていた葛西選手。1本目の結果が相当悔しそうでしたが、どうぞ切り替えて、若手選手をまとめて団体で更に良い記録を出してください。

    葛西選手の思い切りの良いジャンプは大好きです。

    「失格続き」で橋本団長が猛省求める

    • 2010.02.20 Saturday
    • 23:59
    ここまで来てスタートラインにも立てないのは遺憾。気を引き締めてほしい。by橋本聖子団長

     競技用具の管理不備など単純ミスにより、リュージュとスケルトンの日本選手が相次いで失格した問題で、日本オリンピック委員会(JOC)は、バンクーバー五輪日本代表選手団の監督らに、用具管理の徹底などを求める文書を18日付で送付した。[毎日新聞]


    ここにきて残念な失格が2つ続いてしまいました。

    1.リュージュの女子選手、重りの超過違反が判明
    2.スケルトンの女子選手、規格に適合したそりであることを示すステッカーを誤ってはがしてしまった

    ミスはどのようなときでも起り得ることだと思っている。ただ、コーチやそれぞれの競技監督が側についているのに何故気がついてあげることが出来なかったのかが不思議。せっかく、これまで成績を残してきたからこそ五輪に出場しているのだろうから、競技直前で失格と言うのはやりきれないと思う。

    選手自身の問題だと言う意見もある。それは確かにそうかもしれません。ご本人達も自分のミスだとコメントされていました。ただ、周りにいる人たちもフォローしてあげて欲しいな。それでなくても選手達は神経を張りつめた常態でいると思うから。

    スケルトンの監督は、国際連盟が承認したソリの車体番号を把握していることから、失格になった選手のソリが規格に適合していることが証明される可能性があったとして、今回の失格に抗議する文書を提出したそうです。でも。抗議するのはちょっと違うような気がする。

    ちょっとした事で失格となってしまうのは勿体無い事。万全を期して競技に臨める様にして欲しいです。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM