スポンサーサイト

  • 2016.04.11 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    古木 球界復帰へ!「現役時代より打撃はいい」

    • 2011.10.14 Friday
    • 23:00
    ちょっ…驚きの後に笑いがこみ上げてきた。

     横浜、オリックスでプレーした総合格闘家の古木克明(30)が球界復帰を目指していることが12日、分かった。

     古木は現在、都内のジムや千葉県内などでトレーニング中で「引退したときは自分の打撃を見失っていた。引退後に冷静に考え、やっぱり野球をやりたいと思った。育成枠でもユニホームを着ればチャンスはあると思う」と決意を語った。

     古木は豊田大谷(愛知)から98年ドラフトで松坂(現レッドソックス)の外れ1位で横浜入り。03年には22本塁打を放つなど、オリックスで現役を引退した09年までに通算58本塁打をマークした。

     現時点で国内球団からオファーはなく、11月24日に神戸で行われる12球団合同トライアウトを受ける予定。「2年のブランクはあるけど、プロの球に慣れるのに時間はかからない。現役時代より今の方が打撃はいい」と自信ものぞかせた。[スポニチ]


    古木www

    最初にスポニチの記事を見た時はどんなトバシ記事だよ…って思っていたんですが、よくよく調べてみたらニッカンスポーツに10日付けでやはり記事がありました。

    4月のDEEP53(東京・後楽園ホール)でプロ初勝利を挙げたころ「総合格闘技を学んで限界に挑むうちに、今の自分ならば野球界で力を発揮できるのではないか」と球界復帰を意識するようになった

    こういう頭の発想が古木らしいw
    凡人の私には理解が出来ないもんなぁ。


     6月以降は阪神下柳、ソフトバンク松中らを輩出した新日鉄君津硬式野球部が前身の市民球団、かずさマジックに練習参加。都内施設で1日600スイングを超える個人練習を含め週6日、野球漬けの生活を送っている。

     動向を察知した複数の球団が、水面下で調査に乗り出した。関係者は「格闘技を経験したことで、柔軟性や体のバランスが格段によくなった。過去のプレー映像と比較しても、本塁打を量産した横浜時代より攻守ともに技術力が上がっている」という。古木は自由契約選手扱いのため、ドラフト指名を受ける必要はないが「プロが厳しいのは、野球も格闘技も同じ。ハードルは高く、簡単にはいかないと分かっている」と11月24日のトライアウトや秋季キャンプへの自主参加も覚悟している。


    本当に調査に乗り出した球団があるの????
    今年のトライアウトが非常に楽しみですよ。どこか興味持つ球団があるのかしらね?


    個人的にプロ野球に戻ってきてくれるのであれば応援するよ。
    それが自分の応援するチームであれば尚、面白い嬉しいけどさ。

    たまーに覗く、古木のブログには特にプロ野球界復帰なんてそぶりは見せてなかったんだけどなぁ。
    本当にわからないものだわねぇ。

    古木ファンの気持ちを代弁しているようなコラムがあったのでご紹介しておきます。
    この人も古木ファンなんだろうなって感じるところがいっぱいありましたよ。


    【参考】
    「オレには野球しかない!!」古木克明、球界再挑戦の真相を告白。 ←オススメコラム
     http://number.bunshun.jp/articles/-/165021

    日刊スポーツの記事
     http://www.nikkansports.com/battle/news/p-bt-tp0-20111010-847621.html

    古木克明オフィシャルブログ「絆」
     http://ameblo.jp/furuki-katsuaki/



    女子W杯 日本が優勝

    • 2011.07.18 Monday
    • 07:41
    優勝おめでとうございます!!

     サッカーの第6回女子ワールドカップ(W杯)ドイツ大会は17日(日本時間18日)、当地で決勝が行われ、日本代表「なでしこジャパン」が世界ランキング1位の米国を2―2からのPK戦で3―1で破り、初優勝した。五輪3度、W杯6度目の出場で念願の世界一。日本のスポーツ史を塗り替える偉業を遂げた。
     日本は後半24分に先制されたが、同36分に宮間あや(岡山湯郷)が同点ゴール。延長前半14分にワンバックのゴールで勝ち越された後も、同後半12分、沢穂希(INAC)が決めて再び追い付き、PK戦に持ち込んだ。過去21敗3分けの米国戦に初勝利。
     沢は今大会5点目で、得点王を獲得した。[時事通信]


    朝から興奮&感動で清々しい朝を迎えてます。驚きと心地よさとで、まだ興奮がおさまらない。
    『とくダネ!』で小倉さんと感動を分かち合ってから寝よう(笑)

    PKで熊谷選手が決めた時、ブワーッと鳥肌が立っちゃいました。
    本当に凄いことですね。

    サッカーが好きだから、“なでしこJAPAN”だから、ミーハーだから…などなど観戦されていた方はいろいろな理由で応援されていたと思います。でも気持ちはひとつになっていたんじゃないかなって感じますよ。

    終始、アメリカのプレッシャーがきつかったですね(^^;
    やっぱり技術の差はあったなって思います。

    前半、シュート機会もありましたがゴールならず。しかしながらアメリカも決めることが出来ずに無得点のまま後半へ。アメリカのシュートは何本か決まってもおかしくないのがありましたからね。ヒヤヒヤしました。 日本はスピードについて行けてなかったなって思いました。

    後半24分、モーガン選手がゴール
    後半35分、宮間選手がゴール

    先制された時は、追いつけるのか?と不安な気持ちでいっぱいだったんですけど、ゴール前、ごちゃごちゃした場面から落ち着いて決めてくれました。
    上手いよね。左のアウトサイドでしょ。思わず拍手だよ。

    延長戦に突入
    前半14分、ワンバック選手がゴール
    後半12分、澤選手がゴール

    モーガン選手のクロスからワンバック選手のヘディングなんだけど、精度が高い!
    ワンバック選手は一歩も動いてないもんね。ピンポイントでちゃんとそこへ上げてくるのに感動。
    敗色濃厚の中、澤選手が大会5得点目となるゴールで追いついた。
    すげー。

    やっとここで勝てる可能性が出てきたように思った。
    15分に岩清水選手が一発退場となる場面もあったが、選手達みんなでゴールを死守。

    PK戦へ…。
    円陣を組んだ際、監督が笑顔だったんですよね。それが印象に残ってます。

    PK戦ではGK海堀選手が好セーブを見せ、3−1で制した。
    最後に蹴った熊谷選手、ハートが強いなぁ。私だったら絶対にやらかしちゃいそう。
    PK戦もまともに見ることが出来ないもん。
    現に今朝は柱の影からTV見てた(笑)

    この試合中、良く走って守ってました。そして最後まで諦めない姿勢。素晴らしい。
    東日本大震災が起きて、特別な思いを抱いて臨んだ選手達もいらっしゃったと聞きます。
    被災された方に元気になってもらいたいというメッセージは多くの方に届いたと思います。

    過去24戦して1度も勝てなかったFIFAランキング1位のアメリカに勝てました。
    チームワークの賜物でしょう。
    本当におめでとうございました。



    古木、デビュー戦先送りでエキシビション戦

    • 2010.10.06 Wednesday
    • 23:29
    怪我してたのね…。

     総合格闘家に転身した元プロ野球オリックスの古木克明(29)が、DEEPの24日・JCBホール大会で予定されていたデビュー戦を負傷のため先送りし、師・小路晃(36)とのエキシビション戦を行うことが5日、都内で発表された。
     古木は「ようやくデビューできると思っていたのに、本当に残念でした」と唇をかんだ。8月下旬、練習中にハイで左眼か底を骨折。全治2〜3カ月と診断され、入院して手術を受けた。[デイリースポーツ]


    どうしても元オリックスというフレーズに慣れないのは私だけなのかしらね。というか自分の記憶の中ではオリックス時代は抹消されていたりするのだが(笑)

    他の新聞をみてみたらスポニチは元横浜となっていた。

    そうそう、本題は、眼窩底骨折していたって事なんですよ。
    格闘家になったからには常に怪我との隣り合わせでしょうから覚悟は出来ていたと思いますが、デビュー前の骨折は本人もショックだったろうなぁ。

    Dynamite!!(12/31・さいたまSA)での仕切り直しデビューを熱望しているようで、「そこを目指してずっとやっています」とコメントしてました。

    「大輔に限らずプロ野球の同級生、送り出してくれた仲間たちに早く見てもらいたい」

    まじかよ…招待して松坂(レッドソックス・松坂投手)とか大晦日に観に来るのか? なんかボッコボコにされている姿を同期にみせるのはどうなの?
    (何故、負けを前提に考える…汗)

    今年、デビュー戦を行いたいのであれば「DEEP50」(24日、JCBホール)でのエキシビションでまた怪我をしないように気をつけてくださいね。

    ひょっとして『Dynamite!!』ってTVで放送されるんでしたっけ?
    うわぁぁぁ、今からドキドキしてきた。
    なんかやらかしそうじゃない?リングインの時にすっ転ぶとか…なんか目に浮かぶ。

    ■眼窩底骨折はどんな外傷か
     前方から鈍的(どんてき)外傷を受けた場合、眼球周囲の骨折(最も薄い眼窩底が多い)を生じ、眼球の運動障害、眼球陥没(がんきゅうかんぼつ)、複視(ふくし)(物が二重に見えること)などを生じます。

    ■症状の現れ方
     眼球運動障害(とくに上方に眼を動かすことができない障害が多い)に伴う複視、眼球陥没、血性の鼻汁、皮下気腫(ひかきしゅ)などですが、眼球自体の障害は比較的少ないことが多い傾向にあります。

    以上、『goo ヘルスケア』より引用



    古木 エキシビションで“格闘家デビュー”

    • 2010.05.07 Friday
    • 23:59
    今日は横浜・吉見投手のトレード話といい、古木選手のプレデビューといい、なんか私が応援している選手達の話題が重なった不思議な日。

    プロ野球の横浜、オリックスで活躍した古木克明が、6月26日の「アマチュアDEEP」(東京・西調布アリーナ)でエキシビションマッチを行うことが6日、発表された。対戦相手は未定。昨年12月に総合格闘家へ転向した古木にとって、初の実戦となる。


    ◆古木選手のコメント
    「かませ犬や話題先行のような中途半端な選手で終わるつもりはない。本気で強くなることだけを目指す」

    かませ犬…\(^o^)/

    エキシビションではあるのですが、古木選手との対戦相手にスマッシュ側は石井慧選手、田村潔司選手、プロレスラーの中邑真輔選手らを挙げていました。

    凹られるだけだと思うんだけど、エキシビションだから勝てるの?

    コーチを務める小路晃さんは「今年の夏から秋口あたりでデビュー戦をやりたい。その前にアメリカで武者修行も」と仰ってました。

    アメリカで武者修行なんて耐えられるのかね?
    天然だから何かやらかすんじゃないかと不安で仕方が無いです。


    ふるき…だんだん遠くなっていくなぁ(^^;


    SMASH(スマッシュ) 公式サイト
    アマチュアDEEP 公式サイト ←古木の記事あったよ〜。

    【『アマチュアDEEP』大会概要】
    ■日時:2010年6月26日(土)開場14:00 開始15:00
    ■会場:東京・西調布アリーナ(東京都調布市上石原2-40-6 B1F)
    ■アクセス:京王線西調布駅より徒歩3分
    ■主催:株式会社スマッシュ、DEEP事務局
    ■参加費用:4,000円
    ■観戦チケット:2,000円(当日会場発売)

    選手としてエントリーしたい方は4000円で出来るらしいですよw
    いや、私は遠慮しておきます( ´∀`)



    猪木氏が米プロレス団体「WWE」の殿堂入り

    • 2010.02.01 Monday
    • 21:45
    INOKI BOM-BA-YE!

     世界最大のプロレス団体「WWE(ワールド・レスリング・エンターテインメントインク)」は1日、業界の発展に功績を残した先達の栄誉を讃える「殿堂(ホール・オブ・フェイム)」にアントニオ猪木氏を迎えることを発表した。日本人の殿堂入りは同氏が初。[スポーツナビ]


    WWFヘビー級王座を獲得したのを始め、世界のプロレス界発展に貢献したことを評価してとの事ですが、WWEは粋な計らいをするなぁ。
    WWEは一時期はまって録画してまで見てました。その頃はHHHとかストーン・コールドとか好きでしたねぇ。クリス・ジェリコも好きだったなぁ(笑)
    今はどのような内容で進んでいるのかわからないけれど、また1度見始めると止まらなくなってしまうんだよね。コワイコワイ。

    授賞式典は3月27日(米国現地時間)アリゾナ州フェニックスの「ダッジ・シアター」で行われ、猪木氏へのプレゼンターはスタン・ハンセン氏。
    『ウィィィィィィイイイー!!』で御馴染みだわねぇ。あの一撃で決めるラリアットは凄い。本当にカッコイイ。

    プロレスの話題からチョットそれますが、スタン・ハンセン氏のご子息は野球をされていて、シアトル・マリナーズにドラフトで指名されたとか。

    アントニオ猪木氏の若い頃の試合の映像とか見るとカッコイイですね。強いしカリスマ性を感じます。
    アメトークでプロレス芸人の回とかじっくり見ちゃうもん。今度、アントニオ猪木氏だけで1時間やってくれないかしら(笑)

    『いつ何時、誰の挑戦でも受ける』

    すてき…。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << May 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM