スポンサーサイト

  • 2016.04.11 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    星野ジャパン 逆転負け4位 米国戦

    • 2008.08.23 Saturday
    • 22:18
    結果はそのまま受け止めないといけない。われわれに力がなかった。日本で金メダルを待っていたファンの方々に申し訳ないという気持ちでいっぱい。by星野監督

    北京五輪 3位決定戦 2008/08/23(土)
    JPN 1 0 3 0 0 0 0 0 0 = 4
    USA 0 1 3 0 4 0 0 0 X = 8

    【日本】 和田 ●川上(0勝1敗) 成瀬 ダルビッシュ
    【米国】 ○アンダーソン(1勝0敗) ジェプセン
    [本塁打] 荒木1号ソロ(中) ラポータ1号ソロ(米) 青木1号3ラン(ヤ) ブラウン1号3ラン(米) ドナルド1号3ラン(米)

    野球の星野JAPANは3位決定戦で米国に4―8で敗れ、2大会連続のメダルはならなかった。日本がメダル獲得を逃すのは、2000年シドニー大会以来で、全員プロ選手で臨んでからは初めて。野球は2012年のロンドン五輪では実施競技から外れる。

    ( −−)

    なんだろうねぇ、この喪失感は…。オールプロで挑んだ割には完敗。予選を4位で通過して、結果変わらずに4位。全9試合4勝5敗という結果。

    試合は日本が先制しますがエラー絡みで逆転されてしまう展開。終盤にはダルビッシュ投手を1イニング投入するも流れは変わらず。得点は荒木選手のソロと青木選手の3ランで挙げただけ。米国投手陣を攻略する事はできませんでした。

    投手起用に関しては今日も私には頭の中にクエッションマークが飛び交う事が多かった。これが五輪最後の試合になるので投手は総動員するぐらいの采配なのかと思っていたんですけどね。上原投手は何故投入されないのか?ひょっとして故障?
    打席ではこれといった工夫も見えずに終わってしまった。最終回の青木選手の打席で必死に粘っていたのが印象的でした。オールプロで編成されたチームですから『よく頑張った』ではすまない部分も多いと思います。結局のところ全てにおいて中途半端になってしまい残念ですネ。

    数日前の朝の番組で小倉智昭さんが『野球のチームはひとつにまとまっていないという事を聞いた』とコメントされていた事が気になっていました。そして気付いたのは試合に出て居なくても最前列で声を出し応援している選手がいるかと思えば、選手達が最前列で試合の行方を見守っている中、ベンチに座り、試合を見ていない選手もいた。試合に臨む温度差が凄く出ていてショックだった。プレーでもそう。何故、全力疾走しないのか?やる気がないのであれば最初から辞退すればいいのに。一丸となって戦ったソフトボールの試合を見てしまったからか余計にそう思ってしまった。

    やる事をやった上での4位ならこれだけのモヤモヤ感を抱く事はなかったかもしれません。首脳陣の采配に問題も大きくあったと思うし(予選の時はそれなりに良かったと思うけど)、そもそも人選は?とか代表選手を選ぶのに時間がかかり準備不足だった事も影響したでしょう。そしてNPBももっと協力すれば良かったのにと思います。
    もしこの先のオリンピックで野球が復活する事がになりオールプロで編成するとしても、シーズンの片手間に参加するような事が無いようにしてもらいたいです。

    ◆星野監督が来年3月WBC監督候補に
    日本代表の星野仙一監督(61)が、来年3月に開催される「第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)」でも日本代表監督候補に挙がっていることが22日、分かった。球界関係者が明らかにした。五輪では準決勝で敗れ金メダルを逃したが、今後、同監督を中心に人選が進められ年内中に決定する。


    ◆決勝
    キューバ 2−3 韓国

    星野ジャパン 準決勝敗退

    • 2008.08.22 Friday
    • 23:07
    いいリズムで来ていたけど…。終盤はしのぎあいだった。3位決定戦で、何とか日本にメダルを持ち帰るしかない。by星野監督

    北京五輪 準決勝 2008/08/22(金)
    JPN 1 0 1 0 0 0 0 0 0 = 2
    KOR 0 0 0 1 0 0 1 4 X = 6

    【日本】 杉内 川上 成瀬 藤川 ●岩瀬(0勝3敗) 涌井
    【韓国】 ○キム・グァンヒョン(1勝0敗) ユン・ソクミン
    [本塁打] イ・スンヨプ1号2ラン105m(韓)

    野球は22日、準決勝が行われ、1次リーグ4位の日本は同1位の韓国に2―6で逆転負けした。野球は次回ロンドン五輪で実施競技から除外される。23日の3位決定戦で米国と銅メダルを争う。

    ウソ━━(`Д´;)━━ン!!!

    日中に行われた準決勝。友人から送られてくるイニング毎のメールに一喜一憂しながら仕事をしてました。結果はわかっていましたが、録画しておいたのチェック!

    日本は初回に西岡選手の内野安打をきっかけに1死一、三塁の場面から新井選手の併殺崩れの間に1点を挙げ先制。3回には青木選手がタイムリーで2点目。4回にイ・スンヨプ選手の併殺打の間に1点を返される。さらに、7回には藤川投手が同点タイムリーを浴びると、8回には岩瀬投手がイ・スンヨプ選手に勝ち越し2ランを許し、また守備の乱れもあって4点を失いました。

    完全に力負け。投手を責めてしまうのは簡単なのですが起用にも問題があると思うんですよねー。岩瀬投手に対してのバッシングを見かけますが、調子が良くない投手を起用しているのはどうなのかな〜。マウンドでの岩瀬投手の表情、特に目が凄く緊張していて落ち着きが無かった。怖がっている感じを受けたんです。テイクバックもいつもより小さかったように思えました。

    打線は今日も元気がなかったですね。ベンチは何か仕掛けたらどうなんだろう?ヒットエンドランとか色々あるんじゃない?いくつかの手を打ったけど結果的に負けてしまったのであれば仕方が無いと思えるのですが、この何もしないで負けてしまった感じが凄くイヤだ。解説の野村謙二郎さんのコメントが微妙に批判チックになってきたのには納得してしまった(^^;

    失策も痛かったね。明日、リベンジの機会があればいいですが…。
    宮本キャプテンの涙、そしてアマチュア選手の方達に対する思いのコメントを聞いていたら胸が熱くなってしまいました。

    星野JAPANのカラーって何だろう?全く見えてこないんだけど。そしてわからないまま終わっちゃうのかなぁ。

    ◆2008年8月23日(土)
    3位決定戦 日本×アメリカ 11:30(日本時間)
    決勝 韓国×キューバ 19:00(日本時間)


    ◆準決勝
    キューバ 10−2 米国 終了

    星野ジャパン 米国に敗れ予選4位

    • 2008.08.20 Wednesday
    • 23:54
    (1次リーグ4勝3敗は)一つ負けが多いかな。切り替えて、きちっとやっていけばいい。(韓国戦は)リベンジしますよ。 by星野監督

    北京五輪 1次リーグ 2008/08/20(水)
    【タイブレーク終了11回、日2−4米】
    USA 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 = 4
    JPN 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 = 2

    【米国】 キャヒル カミングス ダンシング ニール ○スティーブンズ(1勝0敗) ウェザース
    【日本】 ダルビッシュ 田中 川上 ●岩瀬(0勝2敗)
    ◇盗塁 バーデン(9回)

    日本は0−0でタイブレークに突入した延長11回表、致命的な4点を奪われた。無死一、二塁から始められたタイブレークで岩瀬が3連打を浴びて一気に突き放された。日本は2点を返したが及ばなかった。 延長10回までは緊迫した投手戦。日本は試合中盤に続いた得点機を生かせなかったことが響いた。

    アメリカ戦も気にはなったのですがソフトボールをメインに見てました(^^;

    日本の先発はダルビッシュ投手。
    2回を34球、奪三振3、無四球、無失点。
    完璧な内容でしたねー。決勝トーナメントを睨んでの事と思いますが2イニングで交代。もう五輪という舞台に慣れたのでしょう。普段通りの投球だったと思います。

    2番手に田中投手が登場。
    5回を55球、被安打2、奪三振3、無四球、無失点。
    予想外の5イニングでしたが、ナイスピッチングでした。ちょっとね、ストライクゾーンにアレッ?となる場面もありましたが、気合十分でした。そんな中、珍事が。
    6回表、3アウトになっているにもかかわらず、誰もそれに気がつかず、田中投手は次打者に1球投げちゃいました。
    星野監督が出てきてチェンジにはなりましたが…、スコアボードが2アウトのままだったから気がつかなかったのでしょうか?でも1つアウトを取るごとに選手達も確認しているんじゃないんですかねぇ〜(苦笑)

    打線は10回までに3安打しか出来ませんでした。タイブレークに突入した11回に2点を返すのがやっと。なんかねぇ、チーム全体の打線が湿ってしまったみたい。
    川崎選手が途中出場し1安打。守備もこなしていました。

    アメリカに敗れたため4勝3敗で1次リーグ4位が決定しました。22日の準決勝では、7戦全勝で1位の韓国と対戦します。
    今日の試合は日本・アメリカ共に我武者羅に勝ちにこだわっていたようには見えなかったなぁ。結果は流れに任せる…っていうように見えました。勝敗によって対戦相手が違うので首脳陣も色々と考えちゃうよね。3位通過でも4位通過でもどっちでもいいんですよ。予選と決勝トーナメントはまた別だから。それよりもベンチが暗い。川崎選手だけが声を出していたよ。もっと声を出していこうよ。

    ◆2008年8月22日(金)準決勝
    韓国×日本 11:30〜(日本時間) ←見る事できない…orz
    キューバ×アメリカ 19:00〜(日本時間)


    キューバ 17−1 中国 終了
    オランダ 0−10 韓国 終了
    カナダ 5−6 台湾 終了

    星野ジャパン 中国にコールド勝ち

    • 2008.08.19 Tuesday
    • 23:22
    あの投手なら打ってくれないと困るよ。7回で終わってくれて少しは癒やせるかな。涌井はシーズン中以上の投球を2試合見せてくれた。明日(の米国戦)も勝ちに行く。by星野監督

    北京五輪 1次リーグ 2008/08/19(火)
    【7回表終了点差コールド】
    CHN 0 0 0 0 0 0 0 = 0
    JPN 0 3 1 0 0 6 X = 10

    【CHN】 ●ワン・ナン(0勝1敗) リュ・ジェンガン スン・グォキン シュ・カイ グォ・ヨウファ
    【JPN】 ○涌井(2勝0敗)
    [本塁打] 西岡1号2ラン=110m(ロ)
    ◇盗塁 稲葉(2回) 西岡(2回) 荒木(3回) 中島(5回) ◇走塁死 中島(5回) 新井(5回) ◇暴投 シュ・カイ(6回) グォ・ヨウファ(6回) ◇捕逸 ヤン・ヤン(6回)

    野球日本代表は19日、1次リーグ6戦目の中国を10対0と7回コールドで下し、7大会連続(公開競技含む)の決勝トーナメント進出を決めた。次戦の米国戦(20日、開始時間は日本時間20時)に勝てば、1次リーグ3位となる。

    余裕(´ー`)y─┛~~

    日本の先発は涌井投手でした。
    7回を73球、被安打2、奪三振6、無四球、失点0

    ナイスピッチングでしたねぇ。今日こそノーヒットノーランかしら?と思いましたがなかなか難しいものだなぁ。2安打されましたがいずれも併殺で乗り切りましたね。点差もありましたが自分の中で色々と心掛けて投げていたんだろうなと思うほど丁寧な投球をされていたと思います。お疲れ様です。

    打線は2回、2死二塁からG.G.佐藤選手、矢野選手、西岡選手の3連打で3点を先制。4回には稲葉選手のタイムリーで1点追加。6回には西岡選手の2ランを含む5長短打などで6点を奪う猛攻でした。

    矢野選手は流石ですねぇ。西岡選手はHRの際の走り方を見ているとちょっとまだ脇腹が痛そうに感じました。ベンチで応援している川崎選手が良く声を出していてムードメーカーを買って出ていていいですね。一番声を出しているんじゃない?

    YB代表の村田選手は空三振・死球・投ゴロと気配なし。解説の野村さんに「本人が一番口惜しいでしょう」とフォローしてもらっている時に、カメラは村田選手を映していたんですが、当のご本人は欠伸してたよ(ノ∀`)

    中国に勝ったことで決勝トーナメントに出場する事は確定しました。本日、韓国がキューバに勝利したことで韓国の1次リーグ1位決定。という事は日本が1次リーグ3位なら対戦相手はキューバとなります。もし4位通過なら対戦相手は韓国。
    我が家では4位で韓国と対戦した方が良いのでは?という話も出ているのですが、どのようにするのでしょう。やはり全ての試合を勝ちに行くのかな。

    明日も試合ありますよ〜。 日本×米国 20:00〜(日本時間)


    オランダ 0−4 カナダ 終了
    韓国 7−4 キューバ 終了
    米国 4−2 台湾 終了

    星野ジャパン カナダに辛勝

    • 2008.08.18 Monday
    • 21:57
    打線が1点じゃあ…。殺す気か、ほんまに。中国戦もしっかり戦う。by星野監督

    北京五輪 1次リーグ 2008/08/18(月)
    JPN 0 0 0 0 1 0 0 0 0 = 1
    CAN 0 0 0 0 0 0 0 0 0 = 0

    【日本】 ○成瀬(1勝0敗) 藤川 S上原(1セーブ)
    【カナダ】 ●ベッグ(0勝1敗) デービッドソン グリーン
    [本塁打] 稲葉1号ソロ=115m(日)
    ◇失策 ガルシア(6回) グリーン(9回)

    星野JAPANは1―0でカナダを下し、3勝2敗と白星を先行させた。日本は19日に中国と対戦する。日本は5回、先頭の稲葉篤紀(36)=日本ハム=が右越え本塁打を放ち先制。この1点を成瀬善久(22)=ロッテ=、藤川球児(28)=阪神=、上原浩治(33)=巨人=の完封リレーで逃げ切った。

    (*゚ー゚)勝てて良かったね。

    日本の先発は成瀬投手。
    7回を86球、被安打2、奪三振10、無四球、失点0。

    午前中から行われた試合だったため、内容はわからず。ただ、結果だけは知ってしまったため、あとでダイジェストでも見ようかな〜(^^;
    成瀬投手は素晴しいピッチング内容だったと聞きました。スコアを見て納得なんですが打たれたのは4回だけで、他の回は三者凡退でしょ。凄いよねー。いい時の成瀬投手がこの試合で出たって感じでしょうか。ずーっと重苦しい試合展開になったかと思いますがナイスピッチングでした。お疲れ様です。

    打線は…アレッ?
    稲葉選手の1本だけですか。散発5安打じゃぁねぇー。カナダの投手は打ちづらかったのかな。本当にあのHRがなかったらどうなっていたのでしょう。

    YB代表の村田選手は4打数0安打3三振(ノ∀`) アチャー
    最後は守備固めで宮本キャプテンと交代したようです。首脳陣抜かりなし(^^;
    あー、もう頑張ってよ〜。o(>ω< o) (o >ω<)oバタバタ

    明日も試合がありますよ〜☆ 日本×中国 19:00〜(日本時間)


    台湾 8−9 韓国 終了
    オランダ 3−14 キューバ 終了
    米国 9−1 中国 終了

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << March 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM